Synology NASからAmazon DriveにCloud Syncで接続できなくなって困った件

ガジェット
スポンサードリンク

DS216jから容量無制限のAmazon Driveへのバックアップは超絶便利

SynologyのNAS「DS216j」からAmazon Driveへは、Cloud SyncというSynologyが提供するアプリケーションで接続することができます。

これが非常に便利で重宝しています。

DS216jに保存したファイルを自動でAmazon Driveにバックアップしてくれます。

詳しい設定方法は以前記事にしているので、ご参考ください。

何と言ってもAmazon Driveは容量無制限なので、NASの中のどこをバックアップするかなんて悩む必要はありません。

NAS丸ごとバックアップできてしまいますから。

今回は、DS216jで動かしているCloud Syncで同期エラーが発生していたことに端を発するトラブル(ドタバタ劇)です。

amzon.comとamazon.co.jpに同じメールアドレス、パスワードでアカウントを持っているとCloud Syncの接続で失敗する

今回のトラブルは結局そういうことでした。

これが起こったきっかけは、DS216jの管理画面を確認していた時に、Cloud Syncの同期でエラーが発生していたことに気が付いたことです。

同期を再実行してもエラーが解消されません。

色々試してみたのですが、エラーを解消できなかったので、一度Amazon Driveとの同期を切って、再度同期し直すことにしました。

Amazon.comに接続している?

一度同期を切った後、つなぎ直そうとしたところ、Amazon.co.jpのログイン画面が表示され、その後に確認画面が表示されます。

そこまでは上手くいっていたのですが、確認画面でOKボタンを押すと、Synology NASと連携する最終確認画面が表示されるはずですが、これが表示されずに「Start Your Free Trial」というメッセージが表示されている、おそらくAmazon.comのAmazon Drive画面が表示されます。

「$59.99 per year」と表示されているので、Amazon.comで間違いないでしょう。

amazon driveって、amazon.co.jpだと13,800円なんですが、amazon.comは$59.99なんですよね。
これから登録される方はamazon.comの方をおススメします。

※日本からamazon.comのamazon driveに登録して、同じようにDS216jのCloud Syncを使って同期できるかを確認して別途記事にしますね。
今回色々やってみたところだと、できそうな気がしています。

話を同期トラブルに戻すと、DS216jのCloud Syncはどうもamazon.co.jpではなくamazon.comを見に行っているようなのです。

同期の際に、ブラウザがポップアップで立ち上がってログインするので、ログインし直したりして何度かトライしたのですが、状況は変わりません。

NASのアプリケーションCloud Syncの開発元Synologyに問い合わせる

どうにも上手くいかないので、Synologyに問い合わせることにしました。


I can not connect to Amazon Drive with Cloud Sync.Previously I was able to connect with Amazon Drive. Once I cancel the connection, trying to reconnect it looks like an attached file and I can no longer connect.I am contracted with Amazon.co.jp, but Cloud Sync like trying to connect with Amazon.com.I only have to choose the country to connect to, but I do not know how to do it.Please tell me how to connect with Amazon.co.jp.

The same content in Japanese

Cloud SyncでAmazon Driveと接続ができません。以前はAmazon Driveと接続することができていました。一度接続を解除した後に、接続し直そうとすると添付ファイルのようになり接続できなくなりました。私が契約しているのは、日本のAmazonですが、Cloud Syncで接続しようとしているのはアメリカのAmazonのようです。接続先の国を選べればよいのですが、その方法が分かりません。日本のAmazonと接続する方法を教えてください。

最初、日本語で文章を書いて、Google翻訳で英訳しました。

一応英文を読んでみて何となく確認してからSynologyのサポートセンターにメールしました。

2日後に返信がありました。


Thank you for contacting Synology support.

Unfortunately, due to the Amazon’s policy, the Amazon API not support account creation and revocation using Login with Amazon in China and Japan marketplaces.

https://developer.amazon.com/public/apis/experience/cloud-drive/content/developer-guide

Non-Supported Countries

The Amazon Drive API does not support account creation and revocation using Login with Amazon in China and Japan marketplaces. If your app is available in these countries you will need to hide Amazon Drive functionality in your app for people in these countries or postpone your integration until we fully support these marketplaces.

Hope this has and please let us know if any further assistance.

何ですと?!

アマゾンのポリシーで、日本と中国はAmazon APIがサポートされていない・・・?

今度はアマゾンのサポートに問い合わせてみる

ではなぜ今まで接続できていたんだ?ということで、今度はアマゾンのサポートに問い合わせてみました。

今度は日本語です。


Synology NASのCould Syncというアプリ(第三者アプリ)と
Amazon Driveを連携させて使用していましたが、
Amazon Driveとの連携を一度解除した後、
再接続しようとしたところ、接続設定の際に
アメリカのAmazon Driveに接続に行っているようで
連携できなくなりました。

Synologyに問い合わせたところ、以下のような回答がありました。

Unfortunately, due to the Amazon’s policy, the Amazon API not support account creation and revocation using Login with Amazon in China and Japan marketplaces.

https://developer.amazon.com/public/apis/experience/cloud-drive/content/developer-guide

Non-Supported Countries

The Amazon Drive API does not support account creation and revocation using Login with Amazon in China and Japan marketplaces. If your app is available in these countries you will need to hide Amazon Drive functionality in your app for people in these countries or postpone your integration until we fully support these marketplaces.

以前はAmazon DriveとSynology NASとは連携できていましたが、
なぜ連携できなくなったのでしょうか?
連携できないままだと非常に困るのですが、今後連携する予定はありますか?
予定がある場合はいつ頃になりますでしょうか?

今後もし日本では使えないということであれば、アメリカのアマゾンで
アカウントを作るしかないのでしょうか?

アマゾンがポリシーを変更したんだろうと邪推して、そのことを攻めるような内容です・・・。

アマゾンからはすぐに返信がありました。


再接続を試みた際に、Amazon.comに紐づいてしまう原因として、同じEメールアドレスとパスワードを使用して、Amazon.comでもアカウントを保持されていることが考えられます。

念の為、どちらかのアカウントのパスワードを変更後、問題が解消するかお試しください。

アカウントにご登録のパスワードは、以下の方法でご変更いただけます。

1. 当サイトの右上にある「アカウントサービス」をクリックします。

2.「アカウント設定」の下にある「アカウント設定を変更」のリンクをクリックします。

3. Eメールアドレスとパスワードの欄の右側にある「変更」ボタンをクリックします。

4. 該当箇所に以下の情報を入力後、「変更を保存する」ボタンをクリックします。

新しいパスワード: 変更後のパスワードを入力します
新しいパスワードの再入力: 変更後のパスワードを再度入力します
現在のパスワード: 現在アカウントにご登録のパスワードを入力します
文字を半角で入力してください: 画像に表示されている文字を半角で入力します

引き続き同様の問題が発生する場合は、お手数ですが、再度カスタマーサービスまでお問い合わせください。

「同じEメールアドレスとパスワードを使用して、Amazon.comでもアカウントを保持されていること」って、そういうこと?

Amazon.comのパスワード、メールアドレスを変えてみるも・・・

Amazon.comにアカウントなんて作ったっけ?と思いつつ、Amazon.co.jpのパスワードを変えたくなかったので、Amazon.comに接続して確認してみました。

すると、何と同じメールアドレス、パスワードでログインできました。

そういうことだったのかと、早速Amazon.comのパスワードを変更しました。

そしてCloud Syncでの再同期を試してみたのですが、やはり同じです。

Amazon.comへつなぎに行きます。

メールアドレスも変えてみようと、Amazon.comのメールアドレスも変えてみて、再同期しても状況は変わりません。

う~ん、解決しないな・・・ということで、再度サポートに問い合わせました。

すると、電話させて欲しいというメールが返ってきました。

サポートページから電話をかけて欲しい時間を指定すると、その時間にかけてくれるというものです。

再度同期を試してみたら、何と・・・

電話できる時間が確保できるまで数日あきました。

で、電話してもらおうとサポートページに接続する前に、念のためもう一度同期を試してみようとやってみたところ、何とつながったではありませんか!

アカウントサービスでメールアドレス、パスワードを変更してからAmazon APIに反映されるまでにタイムラグがあるのでしょうか?

いずれにしても再度同期できてほっと一安心です。

しかし、今回のトラブルでSynology Cloud SyncでAmazon Driveに接続するときには、Amazon.co.jpだけでなくAmazon.comにも同期先を見に行っているようだということです。

ということであれば、年会費が断然お得なAmazon.comでAmazon Driveを使った方がよさそうです。

※実際にDS216jからAmazon.comのAmazon Driveに同期できるかは、別途検証してご報告します。

それにしても、Synologyサポートからの「Amazon APIのポリシーが・・・」というのは何だったんでしょうか?

スポンサードリンク

コメント