ナスネはコスパのいい録画機だけど上限1000件、すぐに上限に達しちゃうよ。

ガジェット
スポンサードリンク

上限1000件とか少なすぎる!

ナスネ(nasne)は安くて手軽に使える録画機としていいのだけれど、
録画件数の上限が1000件で、1000件以上録画できなくて
録画エラーになってしまいます。

面白い・面白くないに関わらずほぼすべてのアニメを
録画しているので、未視聴のアニメだけでも
すぐに1000件になってしまいます。
面白いかどうかは自分で見てみないとわからないので、
とりあえずすべて録画しようというスタンスです。

録画件数1000件の上限を解消する方法ですが、
1台あたり1000件なので、もう一台買えば
2000件まで録画できて
2台で同時録画もできるようになります。
ただ、同じものをもう一台購入するのには少しためらわれました。

見たものを消すようにしても、
1日2、3件録画しているのですぐに追いつかなくなります。
最初は、残しておきたいアニメは
パソコンやDVDに落として、ナスネからは消すようにしていました。
ただこれも、そのアニメが残しておくべきものかどうかを
判断するにはとりあえず1話でも見なくてはいけないため
この方法もすぐに破綻しました。

ナスネの録画上限問題の他に、
・家族の写真や動画が増えてきた
・その写真・動画を家の中のどこからでも見えるようにしたい
・iTunesに保存している音楽の容量が大きくなってきた
ということがあり、ファイルの置き場所として
NASを購入したいと思っていました。

ナスネで録画した番組も、NASにダビングできれば
上限1000件問題も解消できるのでは?と思い
ナスネで録画したテレビ番組をダビングできるNASを探しました。

NASにナスネの録画番組をダビングできるぞ!

調べてみると、ナスネで録画した番組をNASにダビングすることはできそうです。
ダビングした番組を見れないのでは意味がないのですが、
自宅にあるPS3から(PS4はまだ購入できていません)
見ることもできそうです。

家族の写真・動画の置き場所問題も検討材料に入れて
購入したNASは、Synologyの「DS216j」です。

結果は、買って大正解でした!
家族写真・動画の置き場所としてはもちろん使えますし、
ナスネで録画した番組も問題なくダビングでき、
PS3からの視聴も問題なくできました。

DS216jは、NASとしての性能だけではなく、
アプリケーションが充実していて
色々な使用方法ができることが魅力です。
ファイルサーバーとしての機能はもちろん、
メディアサーバーとしても、
Cloud Syncを使えばDropboxやGoogle Driveなどの
パブリッククラウドサービスと
データ連携することも可能です。

メリットの多いDS216jですが、
購入時に注意したいのが
別途ハードディスクを購入する必要があるということです。
8TBまでのハードディスクを2台設置できます。
RAIDを組むこともできますが、
RAIDを組まずに使用すると最大16TBまで使用できます。

私は将来的な使用量の増加を見込んで
8TBのハードディスクをDS216jと一緒に購入しました。
WD80EFZX [3.5インチ HDD 8TB WD Red シリーズ SATA6Gb/s]です。

ヨドバシカメラで
DS216jが28,580円
8TBハードディスクが42,780円
合計71,360円でした。
(今、アマゾンでハードディスクを見るとだいぶ安くなっていますね・・・)

本当はハードディスクを2本購入したかったのですが、
10万円を超えるのでとりあえず1本で我慢しました。
8TBのハードディスク1本での運用ですが、
現在のところ大変満足のいく運用ができています。

使用方法などについて、今後ブログで取り上げていきます。

スポンサードリンク

コメント