パソコンでテレビ番組(主にアニメ)の自動録画予約を行う方法

ガジェット
スポンサードリンク

PX-W3U3 V2.0を自動録画できるように設定する

パソコンでテレビ録画して直接NAS(DS216j)に保存する方法の続きです。

前回の記事で、PX-W3U3 V2.0を使ってパソコンでテレビを見ることができるところまでの設定方法を説明しました。
PCでテレビを見られるようになる、手動で録画を行えるようになるところまではできますが、
このままだと録画予約ができません。

全ての番組を手動で録画するというのは現実的ではありません。

今回は、PX-W3U3 V2.0で録画予約を行う方法を解説します。

録画予約を行うには、EpgTimerというソフトを使用します。

EpgTimerのインストール

このEpgTimerは、EpgDataCap_Bon(EDCB)という録画予約を行うツールをまとめたものに含まれていますので、
まずはEDCBをインストールします。

ココからEpgDataCap_Bonをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍して、好きな場所に置きましょう。
解凍したフォルダにx64とx86のフォルダがあるので、お使いのパソコンが64bitの場合はx64を、32bitの場合はx86を開きます。
この中の「BonDriver」というフォルダにTVTestのインストール時に使った「BonDriver」のファイルをコピーします。

コピーするファイルは以下の6つです。
BonDriver_PX_W3U3_V2_S0.dll
BonDriver_PX_W3U3_V2_S0.ini
BonDriver_PX_W3U3_V2_S1.dll
BonDriver_PX_W3U3_V2_S1.ini
BonDriver_PX_W3U3_V2_T0.dll
BonDriver_PX_W3U3_V2_T1.dll

TVTestの時に移動した6つのファイルと同じものですね。
「BonDriver_PX_W3U3_V2_T0.ini」と「BonDriver_PX_W3U3_V2_T1.ini」のファイルに以下の記載が入っているかも確認しておきましょう。


[M2]
M2_Dec=1

EpgDataCap_Bonの設定を行う

続いてEpgDataCap_Bonの設定を行います。
まずは、EpgDataCap_Bon.exeを実行します。

EpgDataCap_Bonが立ち上がったら、まず設定ボタンを押して設定ボックスを開きます。
基本設定タブの設定関係保存フォルダの場所を確認しておきましょう。
必要であれば変更してください。後から変更するのは大変なので、最初に確認しておきましょう。
確認できれば、設定ボックスを閉じます。

次はEpgDataCap_Bonでチャンネルスキャンを行います。
「BonDriver」でチャンネルスキャンを行うチューナーを選び、チャンネルスキャンボタンをクリックします。
チャンネルスキャンが開始されますので、しばらく待ちます。
チャンネルスキャンが終了したら、一度EpgDataCap_Bonと閉じます。

EpgDataCap_Bonの初期設定

EpgDataCap_Bonを再度立ち上げて、初期設定を行っていきます。

基本設定
録画したファイルの保存場所を指定します。
ここで、NAS(DS216j)に紐づけたネットワークドライブを指定しましょう。
これを行うだけで、自動的にNAS上に動画ファイルが保存されていきます。

動作設定
「最小化時にタスクトレイにいれる」にチェックを入れておきます。

EPG取得設定
番組表を取得する放送局を指定します。同じ局で1、2というように複数表示されているのはマルチ編成です。
1だけにチェックを入れておくということで大丈夫です。
全てチェックしていると番組表が横長になって大変なことになってしまいますので・・・。

サービス表示設定
チューナー(BonDriver)ごとに、表示させる放送局を指定します。

ネットワーク設定
録画中はチューナーが使用できなくなりますが、この設定を行うことで追っかけ再生ができるようになります。
「127.0.0.1」が入力されていること確認して、追加ボタンをクリックします。
送信先一覧に追加されれば大丈夫です。

外部アプリケーション設定
使用exeパスにTVTest.exeを指定します。場所がわからない場合は、ボックスの右にある開くボタンをクリックして直接指定しましょう。
コマンドラインオプションには、「/d BonDriver_UDP.dll /nd /p 1234」と入力します。

次に、録画予約を行うEpgTimerの設定を行います。

録画予約の設定

EpgDataCap_BonのフォルダからEpgTimer.exeを実行します。

EpgTimerの画面が開きますので、左上の設定ボタンをクリックします。

設定ウィンドウが開いたら、以下のように設定します。

基本設定
チューナータブをクリックし、BonDriverでチューナーを選択し、チューナー数を「1」に設定します。

動作設定
録画動作タブをクリックし、「録画後動作」を何もしないに指定します。
その他タブをクリックし、「×ボタンで最小化する」、「最小化で起動する」にチェックします。

番組表
表示する番組表を設定します。
表示項目タブをクリックし、表示タブの横にある「追加」ボタンをクリックします。
EPGデータ表示設定ウィンドウが表示されるので、追加したい番組表名を「タブ名」欄に入力します。
同じウィンドウで「表示条件」タブをクリックし、サービス一覧から追加したい放送局のあるサービスをクリックします。
(地デジの番組表を追加する場合は、「地デジ」をクリックします)
追加したい放送局を選んで一つずつ追加していくか、「映像のみ全追加」ボタンをクリックして表示サービスに追加します。
(マルチ編成の放送局は選択しなくて大丈夫です)

外部アプリケーション
TVtest.exeのパスにTVTest.exeの場所を指定します。これを設定しておくと、番組表からTVTestを起動することができるようになります。
「視聴に使用するBonDriver」に、利用するチューナーを追加します。

以上で設定は終わりです。他に好みに応じて設定するとよいと思います。
OKをクリックして設定を終了します。

ここで一度EpgTimerを終了させます。
タスクバーでEpgTimerを右クリックし、終了を選択します。

EpgTimer.exeを再度起動します。

番組表データの取得

EpgTimerのウィンドウが立ち上がったら、「EPG取得」をクリックします。
すると番組表データの取得を始めます。
処理が終わってから番組表タブを開くと、設定した放送局の番組表が表示されます。

番組予約は、番組表で録画したい番組を右クリックし、予約追加を選択、ダイアログ表示で可能です。

また、番組名から録画予約を行うことも可能です。

番組名から録画予約を行う方法

EpgTimerの画面で「自動予約登録」タブをクリックし、
EPG予約タブを選択、右側にある追加ボタンをクリックします。

EPG予約条件ウィンドウが表示されるので、「検索キーワード」に番組名を入力します。

例えば、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」を録画したい場合は、
検索キーワードに「鉄血のオルフェンズ」を入力します。

検索キーワードを入力したら、「サービス絞り込み」で放送される局にチェックを入れ、左下にある「検索」ボタンをクリックします。

番組表から検索キーワードにマッチする番組が表示されますので、
録画したい番組が出てくるのを確認できたら「自動予約登録条件に追加」ボタンをクリックします。

これで自動録画予約が完了です。

EPG予約タブを開くと、設定した予約条件が表示されているハズです。

また、予約一覧タブを開くと、予約されている日時と放送局、番組名などが表示されます。

番組表データを定期的に読み込むようにしておくと、
番組表データが読み込まれたタイミングで番組検索が行われ、
予約一覧に予約情報が追加されていきます。

また、NAS(DS216j)からAmazon Driveに自動で連携するように設定しておくと、
録画した番組を自動でAmazon Driveに連携してくれます。
(Amazon Driveに連携したDS216j上のフォルダに録画した番組を保存するように設定しておく)

 

スポンサードリンク

コメント