ノートPCが欲しい!だけどどれがいいの?CPUの違いを調べてみた。

ガジェット
スポンサードリンク

CPUの違いについて調べてみた

最近ノートパソコン(もしくはタブレットPC)を買いたいと思い
ネットサーフィンをしているのですが、
「Core i7は高性能、i5もなかなか高性能、i3もそこそこ」という
漠然としたイメージを持っているものの、
「じゃあCeleronはダメなの?そういえばAtomというものあったような気が」
と最近のCPUの種類とそれぞれの性能をわかった方がいいよね
ということで、まとめてみることにしました。

最近のシェアや販売されている製品数から、
今回IntelのCPUのみ扱います。

まずはブランド名から。
一番分かりやすい違いですね。
Core i7、Core i5、Core i3、Pentium、Celeronなどがあります。
ざっくり以下のように分けられるようです。

Core

Core i7、Core i5、Core i3、Core Mがあり
i7が一番性能が高く値段が高い
Core Mは省電力仕様(性能でみるとPentiumよりも下)

Pentium

Core i3よりも性能と価格を抑えたブランド

Celeron

エントリーモデル、ローエンドモデル等の低価格PC向け

Atom

タブレットやネットブック、スマートフォン向け
低消費電力化

で、どれがいいの?

ノートパソコンで、ネットをしたり、文章書いたり、画像編集したり、
動画を見たり、たまにゲームをしたりという用途では、
Core i7はオーバースペックな(性能が高すぎる)ようです。

Core i5の省電力版かCore i3がよさそうですが、
Coreシリーズでも世代によって性能が大きく変わってきますので、
できるだけ新しい世代(第6世代もしくは第5世代)のCPUがよさそうです。

Core iシリーズの世代は、後に続く4桁の数字の最初の1桁で表しています。

例えば、Core i7-6700KやCore i5-6600Kは第6世代
Core i7-5960XやCore i5-5675Cは第5世代になります。

CPUを調べてみるまではとにかく高性能なCore i7がいい!なんて思っていたのですが、
高性能を求めるのは別の機会(ゲーミングPCが欲しい)に譲るとして、
今回のノートPC(タブレットPC)では、通常使いでストレスを感じることなく、
バッテリーもそこそこ持つということで、
Core i5(低電力版)もしくはCore i3の第6世代もしくは第5世代のCPUという条件にします。

スポンサードリンク

コメント