アニメを見るのに最適な定額制動画配信サービスは?各サービスの特色まとめ

アニメ
スポンサードリンク

アニメを見るのに最適な定額制動画配信サービスは?

「アニメを見たい」という場合に
動画配信サービスは選択肢の一つになります。

動画配信サービスはいくつかありますが、
見たい動画を一つずつ購入するタイプのサイトは
見たいものを気の向くまま見るという訳には
いきませんので、今回は対象外としました。

定額制の動画配信サービスを比較

定額で見れる動画配信サービスについて、
主要なものについてその特色や
提供しているアニメ作品等で比較してみました。

ひとくちに動画配信サービスと言っても、
アニメ専門チャンネルと、
映画やドラマも見れてアニメも見られるというものもあります。

料金や見られる作品数だけではなく、
視聴できる端末や、オフラインで持ち出せるかどうかなど
その他にもある違いをまとめてみました。

自分が実際に利用するならどれに加入するか
という視点でまとめてみました。

動画配信サービスごとにまとめてみた

dアニメストア バンダイチャンネル hulu Netflix Amazonプライム U-NEXT
月額料金 400円(税抜) 1080円(税込) 933円(税抜) 650円(税抜)
ページック
年会費
3900円
(税込)
1,990円(税抜)
キャンペーン等 31日間無料 なし 2週間無料 1カ月間無料 30日間無料 31日間無料
作品数 約2,000作品
(アニメのみ)
1,035作品
(アニメのみ)
40,000本
(映画、ドラマ、アニメ)
461本(アニメのみ)
全動画 3,000~4,000本
(映画、ドラマ中心)
318本(アニメのみ)
全動画 26,472本
2638作品
(アニメのみ)
全動画 12万本
(カラオケ含む)
HD画質 ×(※)
ダウンロード持ち出し × ×
Android
iOS
Windows
Mac
ChromeCast ×
Apple TV × ×
Fire TV ×
Wii U × × ×
PS3 × × ×
PS4 × × ×
Android TV ×
 その他、特徴 日本テレビが買収したので、日本テレビ系列作品が充実 ※)ベーシックの場合 ビデオ以外のプライム会員特典(音楽聞き放題、Kindle本月1冊無料、お急ぎ便使い放題)あり 雑誌が読み放題(コミック・書籍もあると書いてあるが、個別に購入しないといけない模様。音楽聞き放題は別途月額490円が必要)
鉄血のオルフェンズ × × ×
(個別購入)
この素晴らしい世界に祝福を2 × ×
スクールガールストライカーズ × × × × ×
双星の陰陽師 × ×
けものフレンズ × × ×
ソードアート・オンライン × × ×
(個別購入)
ガンダム(初代) × × ×
(個別購入)
ガンダムSEED × ×
(個別購入)
灰と幻想のグリムガル ×
青の祓魔師 × ×
僕のヒーローアカデミア × × × ×
終末のイゼッタ ×
亜人 × × × × ×
僕だけがいない街 × × ×
ピアノの森 × × × ×
七つの大罪 × × ×
東のエデン × ×
(個別購入)
シドニアの騎士 × × 〇(第九惑星戦役のみ)
アルスラーン戦記 ×
山田くんと7人の魔女 × × ×
コードギアス 反逆のルルーシュ ×
(個別購入)
コードギアス 亡国のアキト × × × × ×
(個別購入)
Re:ゼロから始める異世界生活 × × × ×
ふしぎの海のナディア × ×
Fate/stay night × ×
とある魔術の禁書目録 × × ×
(個別購入)
天元突破グレンラガン × × ×
精霊の守り人
スラムダンク × ×
十二国記 × × × ×
オーバーロード × × ×
斉木楠雄のΨ難 × ×
弱虫ペダル
ベイビーステップ × 実写あり ×
進撃の巨人 ×
鉄のラインバレル × × ×
鋼の錬金術師 × × ×
シュタインズ・ゲート ×
※)劇場版のみあり
× × ×
(個別購入)
新世紀エヴァンゲリオン × × × × × ×
(個別購入)

アニメ専門動画配信サービスは、
dアニメストアとバンダイチャンネルになります。

その他は映画やドラマなどもあり、
アニメは提供されているカテゴリの一つという位置付けです。

一番のおススメはdアニメストア

当ブログはラノベやアニメ、SF専門ブログですから、
動画配信サービスも、アニメを見る環境が
充実しているかという観点から判断します。

その点からすると、
一番のおススメは何と言っても
dアニメストアです。

作品数の多さと低価格が魅力

配信作品数が、アニメだけで約2,000作品と
群を抜いています。

現在放送中のアニメも見れますから、
録画予約もしなくて済みます。
たまにある録画失敗に悔しい思いを
しなくてもよくなります。

私はちょくちょくこの悔しい思いをしています。
今回動画配信サービスを調べてみようと思った
きっかけも録画失敗によるものです。

これだけアニメの作品数が充実していながら
月額400円(税別)という低価格なのもいいです。

今回調べた中ではdアニメストアよりも安いのは
Amazonプライムの年3,900円(税込)だけでした。

オフライン持ち出しは必須

しかも、より評価を押し上げたのは
オフライン持ち出しが可能なことです。

私もそうですが、スマホやタブレットなどに
録画した番組を転送して通勤の電車の中で見る
という方も多いと思います。

オフライン持ち出しができなければ
動画配信サービスに加入する魅力が半減する、
そのサービスは利用しないとまで言える
重要事項です。

スマホやタブレットに自宅で転送しておいて
いつでもどこでも見ることができるというのは
非常に大きな魅力です。

唯一の難点は

dアニメストアの唯一の難点は、
PS4やPS3、Wii Uなどの家庭用据え置きゲーム機で
視聴できないことです。

アニメ好き=ゲーム好き
といっても過言ではないでしょう。

私もこの例に漏れません。

自宅にはPS4 Proがあります。
これを購入するまではPS3を使っていました。

テレビは10年以上前に購入した
古い液晶テレビです。

もちろん動画配信サービスには対応していません。

子供がよくYoutubeを見たがるのですが、
スマホやタブレットではなく
いつもテレビで見せています。

テレビでYoutubeを見せるのに使っているのが
PS4 Proです。

PS3と比べて起動も段違いに早くなり
サクサク動きYoutubeを見るのも快適になりました。

一方、ChromeCastやApple TV、Fire TVなどは
持っていません。

その理由はPS4があれば事足りるからです。

しかし、dアニメストアはPS4で見ることはできません。

この点は非常に残念でなりません。

私のようにYoutubeはPS4で見ているという
ご家庭も多いかと思います。

PS4を持っているということは
まずゲーム好きでしょう。

ということはアニメ好きでもあるでしょう。

そういう層を取りこぼしているというのはもったいない、
というか正直対応して欲しいというのが本音です。

ChromeCastかFire TVを購入すればいいだけの話なんですが
これまでPS4で満足してきたので、
わざわざここで購入するのもなんだかな~という気持ちです。

次点はNetflix

次にいいなと思ったのは
Netflixです。

アニメ専門ではなく、
アニメ作品数は461本です。
(2017年3月25日時点)

決して多くはない数ですが、
(とは言っても全部見る日は膨大な時間がかかります)
見てみたいと思える作品が意外に多いのです。

上記の比較表を見て頂けると分かると思いますが、
過去に見て面白かった作品や
見てみたいと思える作品が
多くラインナップされています。

比較表を作っているときに、
Netflixで見ることができる作品を見つけて
「おお、これも見られるのか」と驚きつつ
リストに加えたのでNetflixに〇が
ついている作品が並んでいるようになっています。
それらの作品を他のサービスでも
見ることができるのかも調べてみたところ、
意外にもdアニメストアでも
配信していないものがいくつかありました

料金も安い(ベーシック)

Netflixは料金体系が分かれており
一番安いベーシックだと月額650円(税別)です。

家で動画は見ない、移動中にタブレットで見るだけ
という方でしたらこのベーシックで十分です。

家のテレビでも見るという方でしたら、
スタンダードの月額950円(税別)がいいでしょう。
これだとHD画質で見れますので。

さらに高画質の4Kで見たいという方は
プレミアムの1,450円(税別)になるでしょう。

ただし、アニメを見る分にはHD画質で十分でしょう。

アニメ以外の映画も4Kテレビでガッツリ見たいという方でしたら
プレミアムがいいでしょう。

オフライン持ち出しに対応しているのが◎

何と言ってもオフライン持ち出しに
対応しているのが非常に大きな魅力です。

家のテレビが家族に占領されていても
通勤中に見たかったアニメを見ることもできます。

この点は何と言っても外せません。

ほぼ全ての端末で視聴できる

NetflixはPS4でも見ることができます。

PS4を立ち上げてYoutubeを見るときには
テレビカテゴリを開くのですが、
そこにYoutubeアプリと並んで
Netflixアプリが表示されています。

PS4でも簡単に見ることができるというのは
これまた高評価につながります。

また、PS4以外にもスマホやタブレットはもちろん
ChromeCastやApple TV、Android TV、
パソコン(WindowsもMacも)等
様々な端末で視聴可能です。

アニメ以外に映画、ドラマが見たいなら価値あり

Netflixは映画やドラマを含めた
全動画作品数が3,000~4,000本になります。

特にNetflixオリジナルドラマが有名で
これを見たいという方はNetflix一択でしょう。

もちろん、オリジナルドラマ以外にも
映画やドラマも充実しています。

別の意味で加入したいAmazonプライム

Amazonプライムは、加入すれば対象のアニメを
見放題になるサービスですが、
アニメが見放題だからという理由ではなく
別の理由で加入を検討したいサービスです。

そもそもAmazonプライムは
動画配信サービスという訳ではなく
Amazonのプライム会員になれば
対象のビデオを見放題にしますよ
ということなので、
元々の意味合いが違うと言えば
それまでですが・・・。

Amazonのプライム会員になると、
お急ぎ便やお届け日時指定便を
追加料金なしで無制限に使える、
プライム・ビデオが見放題になる、
プライム・ミュージック
(100万曲以上)が聴き放題になる、
Kindle本を1カ月に1冊無料で読める
(対象本のみ)などなど
といった特典が受けられます。

これで年会費3,900円(税込)です。

動画だけでなく、音楽も聞き放題で
配送サービスも受けられて、
Kindle本が月に1冊無料で読めるなんて
これは加入するしかない!
と思わせるサービスです。

Amazonはよく利用するので
Amazonプライムのことは知っていましたが、
今回改めて調べてみて
加入しようと思ったサービスでした。

何気にプライム・ビデオは
オフライン持ち出しが可能です。

この点も◎です。

自宅でガッツリ映画・ドラマを見たい人にはhulu

huluですが、全動画配信数はNetflixの
約10倍の40,000本にもなります。

PS4やWii等のゲーム機にも対応しており
ほとんどの端末で視聴可能です。

全動画数は多いのですが、アニメという点から見ると
あまり見たいものないという印象です。

huluは日本テレビが買収したということもあり、
アニメもドラマも日本テレビ系列のものが充実しています。

アンパンマンとか名探偵コナンとか
ルパン三世とかが充実しています。

ただ、それ以外については
ちょっと弱いかなという印象です。

しかし一番の不満点は
オフライン持ち出しができない
ということでしょう。

私の場合、アニメの視聴は
基本的にタブレットでのオフライン環境になります。

通勤中に見たいという方は
意外に多いのではないでしょうか。

そういう方にとっては
huluは選べないサービスになってしまいます。

逆に、動画は自宅でしか見ない、
映画やドラマが好きという方であれば
huluは十分検討に値するサービスです。

アニメは子供が見たいというものを見せて
自分たち両親は映画、ドラマを見たいという方にとっては
huluは最適です。

何と言っても全配信動画本数が
40,000本という多さは非常に魅力的です。

Netflixはどちらかというと
オリジナルドラマに力を入れている印象ですので、
ドラマよりも映画をたくさん見たいという方は
huluがおススメです。

まとめ

最新のアニメも過去のアニメも
とにかくたくさんのアニメを見たい!
という方には迷わずdアニメストアをおススメします。

アニメも映画もドラマも見たい、
自宅でも外出先でも見たいという
欲張りな方はNetflixがおススメです。

Amazonをよく使う方は
とりあえずAmazonプライムに入っておくとお得です。
年会費3,900円で、宅配サービス、ビデオ見放題、
音楽聞き放題、Kidle本が月1冊無料などの特典があります。
(他にも多くの特典があります)

アニメよりも自宅でガッツリ映画を見たい
という映画好きの方はhuluがおススメです。
また、日本テレビのドラマ・アニメが
好きな方にもおススメです。

スポンサードリンク

コメント