ただの主人公チートアニメと思っていたらいい意味で裏切られた「ソード・アート・オンライン」

アニメ
スポンサードリンク

ソード・アート・オンラインの第1期アニメ全25話を見終わりました。

本放送があったのが2012年ですから5年前の作品をやっと見たわけです・・・。

見る前は主人公がチートかというほど強くて
なぜか女の子にモテまくるアニメだろうというイメージでした。

「どや、俺様強いだろ!」だけのアニメだと。

そう思って見始めたのですが、いい意味で裏切られました。

確かにチートかというほど主人公のキリトは強い訳です。

そして何故か関わる女子に惚れられまくるという展開です。
しかも当の本人はそのことに気が付かないという鉄板の展開です。

出てくる女の子は何故か全員可愛く、かつセクシーで
そういう子に想いを寄せられるという
男子なら必ず憧れる状況です。

アニメを見始めて数話の時は期待通りの展開が続きます。

ただ、それだけのアニメ(ラノベ)なら
ここまで人気は出ないだろうということも思いながら見ていました。

ラノベのよくある異世界転生ものに近い設定ですが、
完全ダイブを可能にした「ゲーム」で
ファンタジー世界を冒険します。

物語の冒頭から、主人公を含む登場人物が
VRMMORPGの世界に閉じ込められてしまいます。

ゲーム内からログアウトができなくなり、
現実世界でナーヴギアを強制的に外そうとすると
電磁パルスを発生させて脳が破壊されるという
状況におちいりゲームをクリアするまで
現実世界に戻れなくなってしまいます。

作品を見始めた当初から疑問だったのは、
現実世界でのプレーヤーは
ナーヴギアをかぶって身動きが取れず
水も飲めない、食事もできない状態です。

ゲームはクリアできないまま2年以上が経過しますが、
水も飲めない状態だと人間は1週間も生きられないはず
という疑問です。

現実世界では寝たきりになっていて
当然水も飲めない状態のはずです。

それなのに2年も生きているって変だよ
と思っていたのですが、
この点はストーリーの中で説明がありました。

ナーヴギアを付けたまま病院に運ばれて、
そこで入院生活をしているということに・・・。

主人公がチートで何故か美少女にモテて
というだけならこれほど人気も出なかっただろうし
面白くもなかっただろうと思いますが、
本作がよくある異世界転生ものと違うのは
「現実世界に帰る」ということでしょうか。

行きっぱなしではなく、
現実世界での生活や人間関係も描かれていて
ゲーム内と現実世界がつながっているということでしょうか。

ゲーム内で一緒にパーティーを組んでいた仲間が
死んでしまい苦しんでいるシーンがありますが、
(特にゲームで死ぬと現実世界でも死んでしまうため)
やはりゲーム内での出来事のためあまり感情移入できません。

ゲーム内の敵キャラに殺されてしまう訳ですが、
それが現実世界での死と結びついている
という設定でもやはりアニメを見ている側からすると
いつもやっているゲームのゲームオーバーと
同じように見えてしまうということもあるのでしょう。

もう一つ腑に落ちないのは、
主人公がモテまくることでしょうか。
まあ、ラノベなので当たり前と言えば当たり前ですが、
人間関係が嫌でゲームにのめり込んでいる訳で、
しかも14~16歳ということであれば、
オタクでコミュ症というのが一般的でしょう。

それが美少女にモテまくり、
特に女の子の頭の上に手を乗せる訳ですが
(もしくはヨシヨシ、ナデナデする)
普通これをやったら手を払いのけられるでしょう。

我が家でウチの嫁に同じことをやっても
キッと睨まれて手を払われるでしょう。

女子と会話できない青少年(昔の私もそうでしたが)が
これを見て真に受けてしまって
真似をしないかが心配です。

それにしてもアスナはかわいいかったですね。
というか、可憐でした。

アスナとキリトがお互いの気持ちを伝えあった時に
キリトがアスナに「今夜は一緒にいよう」と伝え、
その夜アスナが自分から服を脱ぎ
キリトに「キリトも脱いで」と伝えて・・・
というくだりがありました。

おっさん(私)もコーフンしました。
しかしキリトは「そういうつもりじゃ、ただ単に一緒にいたいという意味で・・・」
という意味の分からない返しをします。

アスナはその時は17歳で、ゲームを始めたときは15歳だったハズです。
キリトは16歳です。
15歳だった女の子がいきなりそういう行動を取るのか?
一方のキリトは思春期真っ只中の男子な訳で、
普通ならアスナに飛びつかんばかりに
襲い掛かるのではと、主人公のイケメンぶりに違和感を感じてしまいます。

ダンジョンの最上階を攻略できるまで
ストーリーは続くと思っていたところ意外な展開がありますし、
現実世界に戻った後の人間関係や
新たなVRMMOの世界に飛び込んでいく動機など
後半のストーリー展開がなかなか面白かったです。

ゲーム内のストーリー展開では、
片手剣を使うキリトが盾を使わない訳をアスナから聞かれるのですが、
キリトはきちんと答えません。
それが何かの伏線なんだろうなと思っていたところ
キリト達が強敵のボスに遭遇してピンチに。
で、隠していた二刀流のスキルを発揮して
ボスを倒してしまうという展開がムネアツでした。

原作の小説もアニメもまだ見ていないという方はもったいないです。
ぜひソード・アート・オンラインの世界を味わってみてください。

スポンサードリンク

コメント