Amazonで1位のVOX PLUS 3DVRゴーグルでVR初体験がなかなかよかった件

VR
スポンサードリンク

VR体験をしてみたいと思い続けてVOX PLUS 3DVR ゴーグルを試してみた結果

VRを体験してみたい、Oculus RiftかHTC Viveが欲しいと
思いつつも10万円近くもするものなので
全く手がでない状態でした。

やっぱり安くVRを体験するなら
Google Cardboardかなと思いつつも
スマホで見ても大したことないのでは?
と思いつつもやっぱりVRは気になります。

Google Cardboardなら完成品を購入しても
2,000円ぐらいです。

これぐらいなら失敗してもそれほど痛くない、
ということでやっと買いました。

VOX PLUS 3DVR ゴーグルを買った!

購入したのはこちらです。

新品を1,600円で購入できました。

購入するにあたり、Amazonとかいつもゲームソフトを
購入しているヨドバシ.comとかを探しました。

私が探した時には、Google Cardboardの製品は
ヨドバシ.comにはほとんどありませんでした。

こういうものは海外で安く作ったものを
仕入れて販売するというものが多いようで、
Amazonが得意とするジャンルです。

Amazonで探すと、色々な種類が出てきます。
ブラックのカッコいいのとか、細かい調整ができるものとか
色々見ましたが結局最初に見つけた
「VOX PLUS 3DVR ゴーグル ヘッドマウント用 ヘッドバンド付き ホワイト」
にしました。

まず、価格が安かったこと。
そして安いけれどもスマホとレンズの間の距離など
そこそこの調整ができること。
頭に固定するバンドがしっかりしていそうで、
顔に触れる部分のクッションがそれなりそうだったこと。

後は、カテゴリーでベストセラー1位だった
というもの大きかったですね。

結局、上記のような理由でVOX+に決めました。

実際に手元に届いて装着してみた感想を
先に書かせていただくと、
シンプルな作りで、そのシンプルさが
使いやすさにつながっている

と感じました。

VOX PLUS 3DVR ゴーグルを開封

VRゴーグルが手元に届きました。


外箱です。


外箱の後ろ側から。


箱を開けたところ。


上に入っていたケース袋をどけたところ。


箱から取り出して並べました。


ゴーグルの裏側(顔側)です。


取扱説明書も付いています。
全部英語ですが。
装着方法も説明がありました。


取扱説明書の続きです。


スマホをセットする前面部分を開いてみたところ。


箱に入っていたものです。
ゴーグル本体とケース袋、取扱説明書にレンズ拭き用の布が入っていました。

やはりレンズにつくほこりがきになりますので、
ケース袋が付属しているのはありがたいですね。

VOX PLUS 3DVR ゴーグルを装着してみた

私は乱視がきついので、いつも眼鏡をかけています。
眼鏡をかけたままゴーグルをかけてみましたが、
ちょっときつくてすんなりと入りません。

一度眼鏡を外して、ゴーグルに眼鏡を入れてみると、
眼鏡の横幅がきつくて入らない状態でした。

ただ入らないというものでもなく、
顔にあたるクッション部分を軽く抑えると
すんなりと眼鏡が入りました。

眼鏡をかけたままゴーグルを装着できました。

スマホにVRゲームをインストール

とりあえず何か試してみたいと
AndroidのGoogle Playストアで
SF好きにはたまらない「太陽系VR」を
インストールしてみました。

私の使っているスマホは、SIMフリーの
FUJITSU M02です。

アプリを立ち上げてスマホをゴーグルにセットし、
いよいよVR初体験です。

本当に奥行きがあって3D(立体)に見えます!

惑星が近づいてきて、どんどんと大きくなります。
星がドンッとぶつかるような演出がありますが、
「ああぁ、ぶつかる~」というような臨場感はありません。

あと気になったのはこのゲームだけかもしれませんが、
空間を形作る立方体の辺が見えたことです。

多分Unityあたりで制作していて
宇宙空間を作り出すのに3次元で空間を表現する際に
軸となる辺が見えてしまっているなどでしょうか。

太陽系VRを手始めに他のVRゲームも試してみたいと思います。

Amazonを見ていると、ゴーグルとセットで
スマホ用のリモコンゲームパッドも売れているようです。

こんなやつ

リモコンが必要なVRゲームがみつかったら
こういったものも買い揃えていきます。

視力はあまり関係ない?

私は近視もあるのですが、乱視も結構きついです。
視力は0.1程度です。

試しにと眼鏡を外してゴーグルを着けてみました。
すると、眼鏡をかけずに裸眼で見た方が
なぜか鮮明にVR画像が見えました。
(より近くに見えるので鮮明に感じたというのはあったかも)

眼鏡をかけると画像がちょっと遠くにある感じがします。

裸眼だとその画像が目の前にある感じを受けます。
眼鏡をかけなくても見えずらいということもありませんでした。

これからVRを見るときは裸眼で試してみることにします。

VRで注意!13歳以下は使ってはいけない

お子さんがいてVR(特にPSVRなど)を持っている
ご家庭も多いかと思いますが、
特に気を付けたいのが、13歳未満にはVR禁止!
だということです。

なぜかというと、「子供がVR映像を見ると
斜視になるリスクが大人に比べて高いから
」です。

なぜ13歳未満の子供は、Oculus Riftを使用してはいけないのか?医学的な見地からの警鐘 | Mogura VR
※講演では13歳以下との言及がありましたが、Oculus社のガイドラインでは「13歳未満」との記載があるため表現を統一しております。(2016年3月22日) ※本記事の内容に関して、下記記事内の「まとめにかえて:VR酔いから3D問題を再考する」にて、参考資料などを紹介、記事内容を一部修正しております。(2016年10月...
VRヘッドセットの対象年齢設定状況と小児利用による斜視のリスク|あおぞらVR動画
2017/5/3:COPPA(児童プライバシー保護法)に関する記述を追記、それに伴い記事を若干修正 Oculus Riftをはじめとする2眼VRヘッドセットのガイドラインでは、13歳(or12歳)未満の子供の使用は禁止(
PSVRは何歳から使えるの?子供が斜視になるってホント? | PlayStation VR Navi

VRの歴史はまだ浅くなぜ斜視になるのかという
原因についてはまだまだ研究中も部分もありますが、
眼科医からもその危険性は報告されています。

その一例として報告されている事例として、
緑と赤のセロファンを使った3D映画があります。
これは昔、博覧会等でも体験した方も多いと思います。

この緑と赤のセロファンで作られた3D眼鏡をかけて
3D映像を見た4歳11カ月の子供の目が内側に寄ってしまい
(急性内斜視)、手術するまでの3か月間
斜視が治らなかったという事例が報告されています。

子供と一緒にVRを楽しみたいと思われる方も
いらっしゃるでしょうが、
このような事例が報告されており、
各VRメーカーも13歳以上を対象年齢としていますので
この年齢に満たないお子さんは
VRを使用しないようにしましょう。

まとめ

今回購入した「VOX PLUS 3DVR ゴーグル」ですが、
VR入門としてなかなかよい買い物でした。

VR動画の体験もしっかりできました。

ただ、上下左右に隙間があり
完全な没入感は得られません。

特に上下の隙間は大きいので、
気になる方もいるでしょう。

VR画像に集中すると
上下左右の部分は視界の端になりますので
気にならなくなりました。

普段から眼鏡をかけている私にとっては
眼鏡のレンズ外のぼんやりしている部分と
VRゴーグルの隙間は、視野の外側にある
見ない部分として共通している
というのもあるのかもしれません。

今回試した太陽系VR以外にも
VRゲームやVR動画を色々と試してみたいと思います。

最後に、13歳未満の子供にはVRは見せないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメント