atomでMercurialを使えるプラグインatom-hgを使ってみた

エディタ
スポンサードリンク

atomでMercurialを使えるプラグインatom-hgを使ってみた

atomでMercurialを使えるプラグインatom-hgを使ってみました。

「atomならGitを使えよ!」というツッコミが入りそうですが、
会社でMercurialを使っていて、Gitは使えない状況なので
atom-hgを使ってみることにしたので、そのメモを残します。

ずっと秀丸を使ってきた

社会人デビューはプログラマーだった訳ですが、
その頃から愛用していたのが秀丸でした。
Javaをやっていた時も、PHPを書くときも、
JavaScriptも、HTMLもCSSも、秀丸で書いていました。

Linux上でテキストを編集するときはviですが、
ずっとWindowsを使ってきていまして、
ソースコードを読むのも書くのも秀丸でした。

秀丸で全く困らないのですが、
会社でPHPのソースを触っているので、
PHPのIDEを使ってみたいなと、ちょっと探してみました。
どうもPhpStormというものがいいらいいのですが、
これは有料で毎月2,000円ぐらい払い続ける必要があるようです。

有料ソフトでも全然いいのですが、
(秀丸も当然お金払いましたし)
毎月2,000円ずつかかるというのがツライ。

自費なので、初回5,000円ぐらいだったら使うのになと思いつつ、
価格面でPhpStormは却下。

で、EclipseとかNetBeansとかもあるようですが、
なんとなく気のりしなくて、
流行しているっぽいということでatomを使ってみることにしました。
流行りものに弱いんです。はい。
(そもそもatomってIDEじゃないだろというツッコミはなしでお願いします)

atomでMercurialを使いたい

会社で使っているのがGitではなくてMercurialなので、
atomで使えるMercurialプラグインを探してみました。
ありました。その名も「atom-hg」。
早速インストールしてみました。

インストールは、メニューのFileからSettingを開いて「Install」を選択します。
「Search packages」の入力欄に「atom-hg」を入力し、「Package」ボタンを押します。
検索が終わると、atom-hgが表示されますので、installボタンを押して、インストールします。

atom-install

インストールが終われば、使用できるようになります。

atom-hgの使用方法は、atomのatom-hgパッケージページから確認できます。
https://atom.io/packages/atom-hg

ここを見ると、
Features

  • line diff in text editor
  • file diff in tree view
  • branch name in status bar

How to use it

  • install it through Atom’s package manager
  • run the command atom . inside your repository

といった説明がされています。

うーん、シンプル・・・。

とりあえず、「How to use it」に従って使ってみることにしました。
最初の「install it through Atom’s package manager」は先ほど終わりました。

で、次は「run the command atom . inside your repository」です。
atom .コマンドを自分のリポジトリ内で実行する」と書かれています。
とりあえず、そのままやってみることに。

コマンドプロンプトを立ち上げて、Mercurialのリポジトリに移動します。
で、指示通りに「atom .」を実行します。

atom-command

すると、atomが立ち上がり、ツリービューには指定したリポジトリが表示されています。
未コミットのファイルと、そのファイルがあるフォルダは黄色で表示されます。

atomを使うまでは、TortoiseHg + 秀丸を使っていて、
TortoiseHgが未コミットのファイルを赤のビックリマークで表示してくれていましたので、
atomのツリービューで同じような表示をしてくれるのはありがたいですね。

使い始めたばかりでまだまだ慣れませんが、しばらくatomで開発を行ってみます。

使用感等、またご報告できればと思います。

スポンサードリンク

コメント